【同人ゲーム】スーパードラモンクエスト~町と金と女と史上最大の戦い~1日目。軽く評価・レビュー・感想など

久しぶりに昔懐かしいドラクエ風のRPGを遊びたかったので、甘辛でいこう!さんの『スーパードラモンクエスト~町と金と女と史上最大の戦い~』をプレイ。

この同人ゲームはムフフバージョンだったのでかなり迷いましたが、RPGとしての評価も高く同人ゲームとは思えないほどのボリューム(クリアまで数十時間、クリア後もやり込みあり)とのことだったので、ちょっと取り寄せてみました。

大人向けシーンは不要だったので通常バージョンもあればよかったのですが…うーむ。

このゲームはドラクエの本編や外伝のキャラクターは沢山登場していますが、ストーリーや世界などは完全オリジナルなので事前知識無しでも問題なく遊べます。

そのためドラクエ本編の外伝ストーリーっぽいものを求めている人は向いていません。

ただRPGとしてのゲーム完成度は凄い!の一言なので、2Dフィールドを歩いて冒険するターン制のRPGが好きな人はかなり楽しめます。

FF13でRPGが嫌になってしまった私ですが、コレは…マジで面白いですね!

ストーリーがしっかりしているのもありますが、自分の街を持ち大きく育てることができたり、キャラの育成方針を決めれたり、武器や防具を研究開発で作れたり、ミニゲームやサブクエストもあったり…、色々なゲームの良い所を詰めに詰めまくった感じです。

またバトルシーンでの戦いは、モンスターを画像表示して終わりと言うのではなく、呪文・スキルエフェクトや攻撃モーションなどもしっかり作られているので、市販ゲーム感覚で遊べます。…と言いますか良く作れましたね。製作時間どんだけ?!

とりあえず数日かけて6時間遊びましたが、まだまだ冒険の序盤です(汗

どうやら本編のみのクリアで30~70時間?ほどかかるらしいので、大作RPGを遊びたい人はオススメです。もちろんクリア後だって用意されているので…やり込むと100時間を越えてくると思います。

まだ序盤なのでこのゲームの不満点は見えていませんが、送料込みで3000円程度と考えると気になったら買い!の一言ですね。


基本性能が上がったせいでしかたないかと思いますが、最近の市販ゲームは3Dグラフィック重視のゲーム多いですよね。

私の場合もハイエンドPCを使いマルチモニターで遊んでいるのでグラフィックもある程度重視していますが、ゲームの面白さはグラフィックだけでは決まりませんよね。

見た目が綺麗な映像だからこそ面白いゲームも当然ありますが、グラフィックにかかるコストを抑えたゲーム性の高いゲームも増えてきて欲しいかなと思います。

まぁ市販ゲームは見た目に凝らないと競走で勝てないでしょうから、海外インディーズや同人ゲームがもっともっと活性化してきて欲しいなぁ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA