消費税10%まであと一ヶ月…3万円程度でゲーミングPCを強化!!

2012年に作成した、当時はハイスペックの「i7-3770」のゲーミングPCですが、増税前にパワーアップさせてもいいかな~と思っています。

もう7年前も前のPCなので最近のゲームは全く動かな…いや全然余裕でヌルヌル動きますが、まあ多少快適になるので、3万円程度の投資なら悪くないかも知れません。

たぶん…。

と言う訳で、価格コムなどを使ってパーツ交換を探していますが、3万円程度でも十分ハイスペックになりますね!

Intelで組むかRyzenで組むかで構成は変わりますが、最前線で戦えるスペックが手に入ります。

とりあえずの構成は下記のような感じで


■Intel(合計 ¥35,184)
・¥17,793 – Core i5 9400F BOX
・¥7,720 – AD4U266638G19-D [DDR4 PC4-21300 8GB 2枚組]
・¥9,671 – H370 HD3 [Rev.1.0]


■Ryzen(合計 ¥41,593)
・¥24,980 – Ryzen 5 3600 BOX
・¥8,980 – F4-3600C19D-16GSXWB [DDR4 PC4-28800 8GB 2枚組]
・¥7,633 – TUF B450M-PLUS GAMING


安くてゲーム専用ならIntel一択、欲張りな性格ならRyzenでしょうか?

まあどちらを選んでもゲーム性能は十分すぎるので、このくらいのスペックなら5年以上は余裕で戦えそうですね!

もちろん劇的にCPUスペックが上がる可能性はありますが、これまでの経緯を見ると緩やかな上昇でしょうし。

…ただまあ、冷静に考えるとi7-6700PCも持っているので、購入する価値はないかもですねえ。現状全く困って無い訳ですし。う~ん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA