ゲーミングモニターは4KではなくWQHD「2560×1440」が現状最適かも?

ゲーミングモニターは4KではなくWQHD「2560×1440」が現状最適かも?

フルHDだと通常使いで少し画面が狭い、4Kだと48インチクラスじゃないと文字が見辛い…ってことで、31.5インチのQWHD液晶モニターを購入しました。

画素数は2560×1440となっていて、フルHDの大体1.7倍の作業領域が確保できます。

購入前はあまり期待していませんでしたが…このモニターサイズ良いですね!

文字が小さく無いので、スケーリング無しで等倍でしっかり読むことができます。

また4K解像度と違い3D描写の負荷が少ないので、60fps以上でヌルヌル滑らかに動かせます。

流石にサブ機のG4560+GTX1050Tiだと性能不足ですが、メイン機のi7-6700+GTX1070だと余裕です。

現状最高スペックのゲーミングPCでも4Kは厳しいので、「画質、作業領域、普段使い」を考えている人は、WQHDモニターお勧めだと思います。

和ゲーは確認していませんが、今のところ遊んだ洋ゲーはWQHDサイズに対応していたので、もうフルHD捨てても良いかも知れませんね。

今まで24インチモニターを3枚並べて使っていましたが、31.5インチは迫力があって良いですね!

(4Kは40インチを持っていますがPCのパワーが足りないので…)

ただレースゲームだとやっぱり3画面の方が臨場感やスピード感が増すので、うーむ…結局何が正解なんだ(;´Д`)

あ、でも最近のPCゲームはVRに対応していること多いので、その内3画面が不要になってくるのかな???

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA